自分に合った目標を設定しよう!

仕事でやる気を出すためには、目標を設定すると効果があります。目標を掲げると、それを達成するために少しでも努力しようという動機づけができるからです。しかし、重要なのは、どのような目標を設定するかです。

例えば達成が難しすぎる目標を設定した場合、かえって仕事に対するやりがいを削ぐことになりかねません。欲張って大きな成果を出そうとした場合、途中で目標を達成できずに挫折する問題も起こります。また反対に、簡単すぎる目標設定にも問題があります。簡単な目標は苦労せず達成できることから、やる気を高めるのには物足りないと感じてしまうからです。失敗を恐れて低すぎる目標を設定するという事例はよくある話です。いくら低い目標を多く掲げても、そこからの成長はあまり見込めません。たとえ目標を達成できたとしても、働くやる気を高めるためには効果的ではないのではないでしょうか?難度が適切である目標設定ができるかどうかが、やる気を上げる重要な鍵を握っているのです。

そのため、まず自身が持つ能力の高さを把握するようにしましょう。どの程度までなら目標達成が可能であるかを知っておくと、目標は立てやすいはずです。職場にいる実力派の人たちはこうした目標設定が上手な人が多く、普段から適度な目標を設定してやる気を上げる努力をしています。もしも目標を設定するための手掛かりが掴めないのであれば、仕事ができる人を参考にして、どのような目標設定を行っているのかを調べてみると良いかもしれません。