ライバルを作って仕事のやる気を上げよう。

どのような仕事であっても、やる気の維持は重要であり、日頃から行っている業務にやりがいを感じることは大切です。漫然とルーチンの作業を行っているといつしか「なぜ働いているのか?」と思うようになってしまいます。そうならないためには、常に周囲からの刺激を受けられる状態にすることが有効です。

やる気を上げるためにライバルを作るのはその1つの方法であり、同じ職場でやる気を出すために意識したい人はいないかと探してみると良いでしょう。同じようなスキルや知識を持っている人は理想的なライバルになりやすく、互いに意識し合うことができれば切磋琢磨して飛躍的に成長できます。もしも、そのような良い相手が見つからない場合でも問題はありません。例え相手があなたをライバルとして意識していなくても、自分の中で思っていれば良いのです。その人の行動をよく観察して、具体的な目標を持って乗り越えていけるようにしましょう。成果として客観的な指標がある場合にはそれが有用ですが、そうでない場合でも周囲の評価や自己満足を基準にすればライバルとして十分です。

同じ職場の中に自分が越えたいと思う人を探してみると、周囲の人の働きぶりがよく見えてきて学べることも多いものです。それが自分の能力の向上に繋がるという場合もあるかもしれません。仕事に対してモチベーションを上げるためには、周囲をよく観察して、いい刺激を与えてくれそうなライバルを探してみてはどうでしょう。